シンニュウシャダー!
超主観的キャラクター育成指南ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突撃!!隣のストライカー第1回目「強拳・・その有用性」
こんにちわ、青々青です。

ストライカーレベルがまだ高くなっておらず
スキルをまだ全然覚えていないので
使用感は書けませんが、

今回はストライカースキル「強拳」に絞って考察しようと思います。


アラド戦記攻略Wikiより

>強拳強拳
> * コマンド:→→+Space
> * 金剛Lv3必要
> o 20秒間攻撃速度が20%減少するが、>力が増加し、打撃後の硬直時間が長くなる。
>
>TIPS
> * 発剄など、一撃必殺のスキルを使うときなどに使用した方が良い。
> * 今までは硬直時間はプレイヤー自身にかかるものとして、罠スキルと見られてきたが、
硬直時間は相手へ与えるものという形で再認識されたため、一気に注目が集まったスキル。
>発動中は殴る度に画面が軽く振動する演出になる。
> * 強拳、ハイパーアーマー、急所狙いは共通して、最初の力を溜める時、
>つまり詠唱中に攻撃を受けると、詠唱が中断されてしまうので注意。
>その場合、スキルを使用したとみなされてMPも消費し、クールタイムも発生してしまう。

この手の超強化には大抵、リスクになる部分がでてくるものです。
(ポンマスのODは武器の消耗度・バサカの暴走は防御関係を)
ただ、ストの場合攻撃速度が20%ダウンというかなり手痛いリスクを負います。

素早さが売りの格闘家系での攻撃速度減少は致命的
使用前以上の立ち回りの上手さが必要になると思います。

Wikiの表を見ていただければわかると思いますが、
バサカの暴走と同じく低レベルだとリスク負けするスキルでしょう。
高レベルになれば、リスクは同じでリターンがでかくなるので
かなりの殲滅力になる(はず・・・!そう信じたい!!

切ってしまうというのもひとつの道です。
切ることで金剛もLv1で済むので・・・

さて、強拳ですが。
リスクを軽減することは出来ないのでしょうか。

答えはNO
リスク軽減できます。

補助アイテムを使用するのです。
今までもシャープアイポーションの有用性も書いてましたが、
ここでは加速ポーションを強くお勧めします。

加速ポーション:使用すると30秒間、移動速度と攻撃速度が15%増加する。

さて、この加速Pを使用することで
攻撃速度5%ダウン移動速度15%アップ

立ち回りが遥かに楽になります。
流石に攻撃加速がついたチャンピオンモンスターはきついですが、
通常モンスターならこれで十分戦えます。

ただ問題が・・・
加速ポーションのレシピに必要な材料にルガル足指の爪が必要になるのです(´・ω・`)
しかも30個作るのに爪が30個8個いるので
常時使用するためには大量に爪がいるルガル爪を集めに行かないといけないのですよ(´・ω・`)
高レベルになると、ヘンドンマイア系のダンジョンいくのはめんどくさいですよね・・

やはり汎用するならシャープアイなのか・・・

なんだか中途半端な内容でしかも中途半端に終わってしまいましたが、
強拳込みの攻撃力は半端無いです。
それは保障できます。
機会があったら試してみてください!

それではまた( ´∀`)ノ次回~♪
スポンサーサイト

テーマ:アラド戦記 - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
この記事へのコメント
加速p作成に必要なルガルの足指の爪は8個でいいべ。

空のポーション30個:爪8個:青かけら1
2007/01/17 (水) 16:39:04 | URL | 焼茄子 #-[ 編集]
同じく
30いらないよ~
学者狙いで、闇に通ったから爪はとってあります♪

ここ数日でワインも60杯ゲットしてしまった…

でも、学者系は出ず…
2007/01/17 (水) 17:17:42 | URL | バジェ #-[ 編集]
ご指摘ありがとうござる(´・ω・`)
編集完了です。(´・ω・`)
ゴブリンダストのゴブリン手骨数と勘違いしたよ(´・ω・`)

ゴブリンダスト作りすぎたから勘違いしたよ(´・ω・`)

あああああ(´・ω・`)
2007/01/18 (木) 00:19:41 | URL | 青々青 #QPNeH1mQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 シンニュウシャダー! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。